早漏とは射精をコントロールできなかったり、挿入時間が短いことをいいます。
最近では男性の2人に1人が早漏であると言われており病院へ通って治療を受ける人もたくさんいるのが現実です。
病院に通院をするのが恥ずかしい方はネットで早漏治療薬を注文することも可能となっています。
早漏治療薬には色々と種類があり、服用タイプ、塗るタイプがあります。
塗るタイプでは局所麻酔薬が用いられ、性行為前に塗ることで患部の刺激を抑えることが出来ます。
エムラクリームは通販で購入することができるので、おすすめの早漏改善薬となっています。
しかしなぜ早漏にそうなってしまうのでしょうか。
それは気持ちの問題が大きく働いているようです。
ストレスを溜め込む男性極度に緊張していたりストレスがたまっている人ほど早漏になりやすいと言われています。
また性行為の経験が少ない男性も同じです。
他にも男性ホルモンのセロトニンが大きく関わっています。
セロトニンの量は個人個人で違います。
早漏の人はこのセロトニンが少ない人です。
自分が早漏で不安でしょうが、実はこのセロトニンの量が多いグループに分類されるのは日本人ではわずか3割の男性しかいません。
元々、日本人自体がセロトニンが少ない方なのです。
少ないのが早漏とどう関係があるのか、それはオーカズムコントロールできるかどうかです。
セロトニンが少ないことにより脳がオーカズムをコントロールできず本人の意志とは関係なく射精してしまいます。
また短時間での自慰行為を頻繁に行うと早漏に繋がりやすくなります。
短時間で簡単に快楽を得ることが習慣になってしまうと実際の性行為の時も体は自慰行為の時のように早く射精へ導いてしまうのです。
陰部が包茎の人で挿入時間を長くしたい場合は早めに包茎の治療が必要です。
包茎は自慰行為でも普通の人より刺激を受けにくい状態にあります。
その状態で性行為を行うと自慰行為では得られない快感が普通の人の倍襲ってきます。
当然、挿入時間は短くなるということです。
たくさんの原因が考えられている早漏ですが、医師へ相談し対処してもらうだけではなく性行為の時の工夫でも改善することができます
まずは知識を取り入れてみてはいかかでしょうか。

おすすめ記事

  • 早漏治療薬
    2019.04.18

    早漏治療薬のおすすめは?

    早漏とはセックスのさいにパートナーの女性が性的に満足していないうちに男性が射精してしまうことですが、...