2019年04月18日更新

早漏治療薬のおすすめは?

早漏とはセックスのさいにパートナーの女性が性的に満足していないうちに男性が射精してしまうことですが、一方で膣内に挿入後に射精をコントロールできない状態を指す場合もあります。
いずれにしても、女性が膣内にペニスを挿入され、刺激を受けることで性的満足感を得ますが、これが達成できない場合には早漏といわれます。
早漏は経験の浅い若いうちに発生しやすいとされますが、実際には個人差が大きいものになりますが、古くから男性の悩みとしても知られ、対処法も考案されています。
基本的には早漏治療では経験や訓練といったことが行われますが治療薬もあります。
基本的には射精を行ってしまうと男性のペニスは勃起状態が解除され萎んでしまいます。
これが女性を満足させることが困難な理由になります。
膣内で射精を行える時点では生物学的に見れば正常ですが、女性を満足させるという観点であれば異常といえます。
しかし、勃起を継続させることができれば、すぐに射精してしまっても再び刺激を与えることができるので女性を満足させることは可能です。
早漏治療薬このため早漏治療薬としてはED(勃起不全)治療薬が使われます。
ED治療薬としてはバイアグラが有名ですが、ほかにもシアリス、レビトラなどがあります。
これらの効果としてはペニスの血流量を増やすことで勃起状態を維持するというものになります。
ただしED治療薬では射精をコントロールすることは出来ず早漏そのものを治療するには訓練や麻酔成分のあるものが使われますが、日本では専用の早漏治療薬は販売されていません。
麻酔成分のある早漏治療薬としてスプレー状のものがあり、この場合には挿入前にペニスに吹き付けることで感度を低くさせることができ、膣内への挿入後の刺激を軽減することができます。

おすすめ記事